鯛ラバのスピニングロッドって?

 鯛ラバのメインがベイトロッドが主流なのですが、遊動式鯛ラバが登場してからスピニングでの鯛ラバも陽の目を見るようになってきた気がしています(個人的感想、笑)。

 では、鯛ラバのスピニングロッドってどういうところがメリットでどんなところがデメリットなのでしょうか?

鯛ラバスピニングロッドのメリット

 基本的な鯛ラバの考え方の話ですが、鯛ラバは底から10巻き以内のところを何度も上げ下げして狙うことが多い釣りです。

 水深が浅いポイントで鯛ラバをするとなると、フォールとリフトだけではポイントを単に上下しているだけのことが多く、ヒットポイントを点で通過していることになってしまいます。

 こういうシーンでは、キャスティングをして鯛ラバを斜めに引く方がタナを点でなく、線で通過できるため、釣りの効率が良くなるのです。

キャスティング鯛ラバの考え方

 こういう鯛ラバゲームをしようと考えると、キャスティングがしやすいスピニングの方が有利なんですよね。

 また、よりナチュラルなフォールを演出するためにフリーフォールをしてマダイにアプローチしたいときなどはスピニングリールの方が、より鯛ラバをフリーにして落としこむことができます。ベイトだとどうしてもフリーとはいえ負荷がかかりやすくなるのです。

 最後に、リールの性能にもよるのですが一般にスピニングリールの方がドラグ性能が高いことが多く、ヒット後のバラシを軽減させやすいです。

鯛ラバスピニングロッドのデメリット

 スピニングロッドでの鯛ラバにはメリットだけではありません。やはりデメリットもありますので、しっかり把握しておく必要があると思います。

スピニング鯛ラバのデメリット

 代表的なデメリットは以下のようなものです。

  • ベイトつ比べると着底が分かりにくい
  • 着底後の立ち上がりがワンテンポ遅れるので根がかりしやすい
  • ベールをイチイチ返さないといけないので手間
  • ゆっくりしたリーリングが難しい

 などなどが、パッと思いつくスピニング鯛ラバのデメリットかと思います。

 とはいえ、だからといってスピニングロッドが劣っているかと問われるとそれはケースバイケースなので、一概には言えないところでもあります。

 決してどっちの方が優れているという話ではありませんのでアシカラズ。

Page top icon