初心者にオススメの鯛ラバベイトロッド

 鯛ラバ初心者が最初に買うべき鯛ラバロッドはこんなベイトロッドだというところのスペックを紹介したいと思います。

鯛ラバ初心者のベイトロッド

 ただし、あくまでも一般的なものであり、行く海域や乗る船によってはもっと違うスペックが必要になるかもしれませんので、できれば初心者さんは鯛ラバ経験者、釣具屋さん、乗る船の船長にタックル相談する方が無難だと思います^^;

初心者にオススメのベイトロッドのスペック

 初心者さんが最初に買う1本としてオススメしやすいロッドは以下のスペックのロッドになるかと思います。

  • 2m(6.9ft)前後の長さ
  • 適合ウエイトが40~100gの範囲
  • 積極的に掛けたい方はチューブラー
  • 掛かるのを待ちたい方はソリッド

 ソリッドとかチューブラーモデルなどいくつかのモデルが出ていますが、最初のうちはあまり気にしなくても良い気がしています。

 攻めたい方(キャストしたい、掛けにいきたい)はチューブラーで、守り重視の方はソリッドモデルくらいの感覚で決めれば問題ないと思っています。

鯛ラバベイトロッドは初心者にオススメ

 バス釣りなど、他の釣りであればベイトは初心者にオススメしにくいのですが、鯛ラバに限って言えばベイトがオススメになります。

 ここから先の話はロッドというよりはベイトリールの話になってしまうのですが、そこが問題なので少しベイトリールの話にお付き合いください。

ベイトリールが初心者にオススメな理由

 鯛ラバは底から10巻き以内のところを何度も上げ下げして狙うことが多いので、ベイトリールでクラッチをオンオフして探る方が効率もよくアタリも分かりやすいからです。

ベイトリールのクラッチ

 上の写真を見ても何のこと?っと思う初心者さんもいるかもしれませんが、このオンオフを1日中繰り返すとなるとスピニングリールよりもベイトリールの方が楽っとだけ思ってもらえたらと思います^^;

 また、着底自体もスピニングリールよりベイトリールの方が分かりやすいことが多く、巻き上げ開始もスムーズにできるので、根がかりの可能性も減らせるのがベイトリールのメリットです。

 特に初心者さんは、着底に気が付かず根がかりが多くなってしまうと釣りのやる気自体も低下してしまうので、根がかりしにくいタックルで始めることをオススメします。

やる気の低下

 あとこの辺りはもしかすると個人の感覚次第なのかもしれないのですが、ベイトロッド+ベイトリールの方がグリップしたときのポジション感覚がよく疲れにくいです。

 1日同じ動作を繰り返す釣りだからこそ、些細な快適さが数時間後の疲れに繋がると思います。ベイトリールの方がゆっくり巻くこともやりやすいですしね。

鯛ラバベイトリールのデメリット

 鯛ラバの基本中の基本は大抵ベイトでできるので、それほどデメリットではないのですが、スピニングと比べ始めると、ベイトのデメリットも見えてきます。

ベイトトスピニングリールの違い

 例えば以下のようなものがデメリットですね。

  • 完全なフリーフォールが演出しにくい
  • キャストがしにくい
  • 浅場でのキャストからの斜め引きができない
  • ドラグ性能はスピニングリールの方がいい

 などなどが、パッと思いつくベイトロッド由来のデメリットかと思います。

 とはいえ、だからといってベイトロッドが劣っているかと問われるとそれはケースバイケースなので、一概には言えないところでもあります。

 どちらが優れているという話ではありませんが、初心者さんにはベイトリールでの鯛ラバをまずはオススメしますよって話に変わりはありません。

Page top icon