遊動式鯛ラバと旧式鯛ラバの違い

 今は全盛となってしまいましたが誘導式鯛ラバと、旧式の固定式鯛ラバの違いを紹介してみたいと思います。

遊動式鯛ラバのメリット・デメリット

 個人的な意見にはなるのですが、初心者さんは遊動式鯛ラバから始めると良いと思います。

遊動式鯛ラバ

 ただし、根がかりが多い、糸絡みが多いなど、何かしらの不具合があったら、遊動式にこだわらず固定式の鯛ラバに変えることを考えましょう。

 以下にメリットとデメリットをざっとまとめてみました。

  1. フォーリング中のアタリが取れる(取りやすい)。
  2. ヘッドが離れているためファイト中のバラシが軽減される。
  3. フックへの負担が減るので、フックを細くできる。
  1. スライドしたヘッドが擦れてラインブレイクする。
  2. 底を切るのが遅れると根がかりが多くなる。

旧式・固定式鯛ラバのメリット・デメリット

 一昔前はこちらの鯛ラバがメインでした。っというよりは遊動式という概念自体がなかったので、遊動式が存在しなかったというべきか・・・。

遊固定式鯛ラバ

 完全になくなったわけではなく、固定式のメリットを活かした釣り方も存在しますので、使わなかったとしても2~3個くらい持ってると良いこともあるかも??です。

 以下にメリットとデメリットをざっとまとめてみました。

  1. ヘッドに直結なのでラインへの負担が少ない。
  2. 遊動式と比較して根がかりが少ない。
  1. フォーリングのアタリがとりにくい。
  2. ファイト中のバラシ、針折れがある。
  3. フックの軸が太いので、フッキングしにくいことがある。
Page top icon