鯛ラバのラインシステムについて

 このページでは鯛ラバのラインシステムについて少しだけ触れておきます。

 それほど難しい内容は書いてなくてPE0.8~1号リーダーはフロロの12~16ポンドがオススメです。っということが書いてあるだけです。

メインラインはPEラインの0.8~1号前後

  鯛ラバでのメインラインは当然ながらPEラインです。フロロやナイロンラインでは伸びが強いので、ついばむような前アタリがよく分からないと思います。

鯛ラバのPEライン

 ラインの号数は0.8~1号で問題はないと思いますが、大型がかかるような春先では1.2号にしておいても良いかもしれません(私は年中0.8号です)

 最低でも100メートルは巻いておきたいところですが、PEラインは高切れをしてしまうこともあるので200mくらいあると安心、もしくは交換用のラインを持っておくと安心かもしれませんね。

オススメのPEライン-鯛の糸0.8号

 私自身PEラインに詳しいわけではないので、何とも言えないのですが鯛ラバ専用として販売されているのでとりあえず使っているラインになります。

 よほどのこだわりがない限り、ワゴンセールで売ってるような安価なPEラインでも良いんじゃないかとは思います^^;

リーダーラインはフロロの12~16ポンド

 リーダーは12~16ポンドのフロロカーボンラインが一番おすすめです。

鯛ラバのリーダーライン

 リーダーの長さは根の深さによっても多少は変動するかと思いますが、1~1.5メートル程度で十分だと思います。

 さすがに1メートルより短い状態のものを使ったことがありませんので、短い分の影響はわかりませんが、リーダーが長すぎるとやはり感度が落ちるように思います。

 まぁ、好みの問題もありますので、色々変化させながら様子を見てみるのもいいと思います。

オススメのショックリーダー-タカミヤ 鯛ラバ

 私はここで紹介しているタカミヤ REALMETHOD 鯛ラバ ショックリーダーってやつの12ポンドを使ってます。

 まぁ、ライトショアジギで使ってるものを代用することもあるくらいなので、どのメーカーのものでもいいとは思います^^;

ナイロンラインのリーダーはだめ??

 正直なところ、ダメというわけではないとは思いますが、根がある程度荒いポイントでは傷つきやすいこともあるので、オススメしないかなぁと。

海底の様子

 あと、フロロと比べると伸びますので感度が下がるという意見もありますが、プロアングラーでもない自分が感じられるかどうかは不明ですw

 ま、両方使ってみてどっちがどうなのかをご自身で判断すればいいかと思います。ただ、私はなんとなくフロロ派ですw

ラインマーカーは必要?不要?

 このページを書くためにPEラインのことを調べていてふと見つけたのですが、メインラインのPEラインのマーカー(一定感覚で色が変わるもの)が必要だと言う派と、不要だと言う派の派閥を発見しました。

 必要だと言う派はより細かくヒットしたタナを把握したいという意見で、不要だと言う派は底から数メートルのヒットが多いから不要だと言う意見でした。

 ちなみに私は不要だとも必要だとも考えたこともなかったのですが、とりあえずマーカー付きのPEラインを使用しています。

 とはいえ、最初のころは白一色のPEラインを使ってました。どちらにせよ、自分は着底から〇巻きでタナ取りをするので、マーカーはなくても大丈夫っぽいです。

Page top icon