鯛のタナの探し方、見つけ方

 鯛ラバに限った話ではないのですが、釣りで最も重要になるのがこのタナの探し方、見つけ方です。

 鯛のいるところで釣りをしない限り、どれだけ優れた釣具を使っていても釣れる確率が一気に下がります。

鯛ラバの釣れるタナと釣れないタナ

 探し方、見つけ方にコツはありますが、基本、船長の指示に従っておけばまず間違いないといえますね。

 かなりのベテランでもない限りは、船長の指示ダナを無視するメリットはありません!!

 鯛ラバ専門で出ている船であれば、底から何巻き付近と指示がある場合もありますし、そうでない場合は何m付近に反応がある、みたいな指示が出ると思います。

船長の指示タナには従ってるけど釣れない理由

 このご意見は非常に多いのですが、実はしっかり従えていないことが多いですね。

 タナ取りの方法は一般に2通りあって、カウントダウンか、ラインマーカーの色でタナを意識している方が多いと思うのですが、カウントダウンにしろ、ラインマーカーの色にしろ、数えた分の長さ=水深ではないので、そこを間違えてはいけません。

潮流でラインが余計に出ている

 上のイラストで説明すると、左側のような無風状態かつ潮流もゼロという奇跡的な状況であれば、重力に従って真っすぐ落ちるので、50mラインを出せばそこが50mのタナになります。

 ですが、実際はイラスト右側のように潮流や風、船の流れなどで余分に出ているラインがあるわけなので、50m出したとしてもそれは水深50mではなく、ヨレた分の10mくらいを出してこそ、50mの指示ダナに到達できるということですね。

 この余分に出ているラインを計算に入れないと、指示されたタナに鯛ラバを通っているかどうかの判断が付かないわけで、特に軽い鯛ラバを使っている方は要注意のポイントになります。

 しかも、船が風に強く流されている、潮流が強い、二枚潮になっている、鯛ラバが軽すぎるという状況では、沈むことなく延々と流されているだけということも起こります。

最初はタナより底付近を意識しよう

 上の項目では、タナが間違っているかもしれないと書きましたので、それを気にせず、できるだけ正確に指示タナを狙う方法として、底を意識することがオススメです。

 鯛ラバに何度も行ってると強く感じるのですが、基本は底付近でアタリが多いので、釣果を伸ばすためにも底を意識することは大事だと思います。

底から10巻き以内

 着底からの立ち上がりの瞬間を食っている、っという説があったり、着底前に実は食っていて巻き始めで釣り人が気づく、という説もあるのですが、いずれにせよ、着底直後にアタリが多いのは変わらないので・・・。

 鯛ラバの基本はまず鯛ラバを着底させて、そこからリトリーブを開始します。船長の指示が底付近だというのであれば、私の場合、リールのハンドルで数えて10巻き以内を目安にしています。
(※リールの番数や性能にもよりますが、1巻き80cmとして底から8m前後)

 ちなみに鯛ラバの本なんかを見ていると5~8巻きと書かれていることが多いですね。大抵の場合でリールの巻き数でタナが語られることも多い世界ですので、自分のリールの1巻きの長さを把握しておくことが大切です。

 底から巻きあげるときももちろん船や潮の影響はあるのですが、底からタナを逆算する方が正確にタナを狙えるのです。

活性が上がったら中層も狙おう

 マダイの活性が上がってくると、底から中層付近まで幅広くアタリが出るようになることもあります。

 こうなると巻き上げられる幅が広がります(=アピールできる距離が広くなる)ので、かなり釣りやすくなります。

中層にも真鯛はいる

 但し、活性が低い状態で幅広くマダイが点在しているときはかなり苦労します、釣れない上に散らばってるわけなので・・・。

 できるだけ高活性のマダイが集まっているタナに鯛ラバを入れたい釣りなのに、それがどこかわからない状態になりますので・・・。

タナを外すとどうなる?

 船長の指示を守っていても釣れないことが当然あります。こうなってくると、船長の指示、間違ってんじゃない??とかやる気のあるマダイは違うところじゃないの??なんて思ってしまいます。

 しかし、マダイの性格からすると、タナから外れているものは、まず食いに来てくれません。諸説ありますが、上下1m前後しか真鯛はエサを追わないという説もあるくらいです。

真鯛のタナの守備範囲

 タナ違いというのはそれほど致命的です。他魚が釣れることはあるかもしれませんが、マダイを狙っているのであれば、タナを外すことは時間の無駄になりますのでやめておきましょう。

 いやいや、10mくらいアタリが続くこともあるよ!っという意見もあるのですが、実はそれは1匹の真鯛じゃなく、複数の真鯛が当たっていて、高活性の真鯛が多く、厚い層になっていると言われています。

Page top icon