鯛ラバで最低限必要なタックル

 このページでは鯛ラバで最低限必要なタックルを紹介しています。後半では、あった方が良いグッズなんかも紹介していますけどね。

船釣りの風景

 ちなみに釣り自体が初心者である、ロッドを買うかどうか悩んでいるような方はレンタルタックルのある船に乗ることをオススメしますね。

鯛ラバで最低限必要なもの一覧

鯛ラバは超手軽

 まずは絶対最低限必要なタックルを紹介したいと思います。これがなかったら釣りが成立しないってものですねw

  • ロッド(専用ロッドがオススメ)
  • リール(専用ベイトリールがオススメ)
  • ライン(PE0.8~1.5号、リーダー12~16ポンド)
  • 鯛ラバ(カラーもウエイトも多種多様の方が有利です)
  • ライフジャケット(船で貸してくれるところもあります)

 これだけあれば、ひとまず鯛ラバを楽しむことができると思います^^

 鯛ラバ初心者で、まだタックルを揃えていないという方であれば、レンタルタックルのある船に乗ることをオススメします。

 私も一番最初はレンタルタックルでデビューしましたので、船長のオススメのポイントに最適化されたタックルで初挑戦できたので、釣りをしている段階で迷いませんでしたねw

鯛ラバであったら便利なもの一覧

 なくても鯛ラバ自体はできるけど、一般的には持ってきてるアイテムでしょ!?っていうものを紹介したいと思います。

クーラーボックス

  • フィッシュグリップやペンチ、プライヤーなど
  • クーラー&氷(魚を持ち帰るなら当然!)
  • ライフジャケット(船で貸してくれるところもあります)
  • 鯛サビキ(フラッシャーサビキなど)
  • 交換用のライン(ラインが減ったとき用)
  • 食べ物や水分

 と、上記までのものがあれば、余裕で釣りを楽しむことができます。

 食べ物はなくても大丈夫ですが、夏の釣りでは熱中症もありますので、水分だけはしっかりと用意して行ってほしいです。

 船の上では水分なんか売ってくれるところないですからね・・・苦笑。

最初はレンタルタックル推奨!

 我こそは釣りバカ!っという方はさっさとタックル購入をオススメしますが、そうではない方はレンタルタックルのある鯛ラバ船に乗ることをオススメしますね。

買うか借りるか

 船長のよく行くポイントに最適化されたタックルを知っておくと、実際に鯛ラバタックルを買おうと思ったときにどういう属性のロッドを買えばいいのか、鯛ラバの重さはどんななのか?などいろいろ分かるので、選びやすくなると思います。

 私も最初はレンタルタックルで挑みました(鯛ラバは自分で買ったもの)が、とても釣りやすかったことを覚えてますね^^

Page top icon