アンリパの鯛ラバ専用ロッド-メタルウィッチ

 アングラーズリパブリックのメタルウィッチシリーズは1シリーズの中に青物、鯛ラバ、ライトジギング、タチウオを様々なターゲットに対応したモデルが詰め込まれています。

 初心者~中級者にオススメしやすい鯛ラバロッドですが、やや自重が重いところが気になります。

 このページでは全てベイトモデルを紹介しています。アンリパのキャスティング用のスピニングモデルはこちらのページで紹介しています。

アングラーズリパブリック メタルウィッチ クエスト
マダイとのファイトを考えて作られたモデルになります。モデル数は少ないので、その分迷いにくいと思います。(メーカー希望価格:2万円台)
詳しくロッドを見る(全2モデル)

アングラーズリパブリック MTSC-691M

 繊細でありながらも、大胆なファイトが可能なロッドで、マダイに違和感を与えない穂先がマダイをうまく乗せます。

 最初の1本としてオススメできるスタンダードなモデルになります。

長さ(ft):6'9"  自重:235g
PEライン:0.6~1.2号  鯛ラバ(g):30~120

アングラーズリパブリック MTSC-692M

 上で紹介したモデルよりもワンランク上のモデルで、多少の大鯛であれば難なく上げられるパワーを持つ1本。

 より深場、より大鯛、よりハードな環境で使う可能性がある場合はこちらのロッドがオススメです。

長さ(ft):6'9"  自重:246g
PEライン:0.6~1.5号  鯛ラバ(g):30~150
Page top icon