鯛ラバのベイトロッドって?

 鯛ラバを長くやっている人ほど、どうしてもベイトロッドをイメージしてしまうものだと思うのですが、ベイトロッドには様々なメリットがあるので、初心者がまず買うならスピニングロッドよりもベイトロッドだと思います。

鯛ラバベイトロッドのメリット

鯛ラバは落として巻く  鯛ラバは底から10巻き以内のところを何度も上げ下げして狙うことが多いので、ベイトリールでクラッチをオンオフして探る方が効率もよくアタリも分かりやすいです。これが最大のメリットであることは否めません。

 また、着底自体も分かりやすいことが多く、分かった途端に巻き上げ始めることが可能なので、根がかりの可能性が軽減されます。特に初心者さんは根がかりが多くなってしまうとやる気も低下してしまうので、根がかりしにくいタックルで始めることをオススメします。

 あとこの辺りはもしかすると個人の感覚次第なのかもしれないのですが、ベイトロッド+ベイトリールの方がグリップしたときのポジション感覚がよく疲れにくいです。1日同じ動作を繰り返す釣りだからこそ、些細な快適さが数時間後の疲れに繋がると思います。ベイトリールの方がゆっくり巻くことがやりやすいですしね。

鯛ラバベイトロッドのデメリット

 鯛ラバの基本中の基本の事柄は大抵ベイトロッドでできる範囲にあるので、それほどデメリットではないといえばデメリットでもないかもしれないのですが、スピニングロッドでできることを考え始めると、ベイトロッドでのデメリットも見えてきます。例えば以下のようなものがデメリットですね。

  • 完全なフリーフォールが演出しにくい
  • キャストがしにくい
  • 浅場でのキャストからの斜め引きができない
  • ドラグ性能はスピニングリールの方がいい

 などなどが、パッと思いつくベイトロッド由来のデメリットかと思います。とはいえ、だからといってベイトロッドが劣っているかと問われるとそれはケースバイケースなので、一概には言えないところでもあります。決してどっちの方が優れているという話ではありませんのでアシカラズ。

Page top icon