鯛ラバのシーズンを調べてみた

 鯛ラバは年中釣れる釣りだといわれますが、実際は冬の時期には釣りにくいことが多いです。そもそも専門に狙ってもらえる釣り船も少ないと思われます(船をチャーターすれば、可能ですが釣れないので断られるかも、笑)。ということは、はっきりと釣れる時期と釣れない時期があるわけです。鯛ラバのシーズナブルパターンについて調べてみました。

春はノッコミの時期

春の鯛ラバ  春はいわゆるノッコミ(産卵活動期)の時期なので、深場から浅場へとマダイが上がってきます。ですので、年中で最も大物をゲットする確率が高い時期です。また、タイミングがあえば産卵前の荒食いに出くわすこともあり、そうなれば数釣り&大型と夢のような体験ができるシーズンでもあります。

 ただし、三寒四温とも呼ばれる時期でもあるので、水温が低い日や上がらない日にはマダイの活性が低くなるので、完全に冬の釣りになってしまうこともありますのでご注意を!

夏は活性が上がるが、行動範囲が広く狙いにくい

夏の鯛ラバ

 初夏の頃は産卵後の荒食いが残っているようなところもあり、入れ食い状態になる可能性もあります。水温も上昇し、魚の活性も上がってくるので平均的に釣りやすい時期になります。

 但し、その分マダイの行動範囲が広がるため、一箇所に寄り集まっているわけではなくマダイの居場所が絞りにくいともいえます(魚影が薄くなる)。どこでも釣れる可能性があるのですが、逆に数釣りが難しくなる時期でもあるということです。

秋は越冬前の荒食いの時期

秋の鯛ラバ

 夏の間に浅場へと散っていたマダイが再び深場へと移動する時期ですので、マダイの密度が徐々に上がってきます。水温も高いのでマダイの活性もかなり高く、群れを発見できたならしばらくの間移動もせずに釣れ続けることもありえます。

 また、越冬前の時期なので荒食いすることもありますので、1年で一番釣りやすい時期がこの時期だと思います。初心者さんが始めるにはこの時期が一番良いと私は思います。

冬はマダイの活性が一番低い時期

冬の鯛ラバ

 秋の気配が残る時期や春の兆しが見えるような時期には釣れる可能性もありますが、完全に水温が下がっているような時期ではなかなかマダイを狙って釣ることが難しいです。たとえ群れを見つけたとしても活性自体が低いので口を使ってくれるマダイが少ないのです。

 また、こんな時期ですので、鯛ラバ用に船を出してくれるところも少ないと思います。まぁチャーターしてお願いすれば出してくれると思いますが・・・。

Page top icon