鯛ラバのアワセ~ファイトについて

 鯛ラバのアタリは結構独特です。このアタリに惑わされないように慣れる必要があります。アタリが独特だけあって、その後のファイトも独特です。一旦、慣れてしまうとそれが当たり前になるのですが、最初は少し戸惑うと思いますので、基礎知識として知っておくことが大切だと思います。

マダイのアタリは我慢が大切

鯛ラバのアタリ  鯛ラバでの釣りでは我慢が大切です。なぜなら、前アタリがコツコツと出るのが当たり前だからです。前アタリがどれだけ出たとしても、フッキングにいかず、我慢して一定速度で巻き上げ続けることが重要です。間違ってもアワセにいったり、リトリーブをやめたりしないでください。やめるとマダイの追いも止まってしまいます。

 前アタリに対して、アワセにいってはいけないのですが、本アタリはどれなのでしょうか??一度体感すると分かりやすいのですが、ロッドが引きこまれたり、絞り込まれたりします。それが本アタリであり、アワセにいってもいいアタリとなります。

マダイとのファイト

鯛ラバでのファイト

 フッキングががっちり決まると底から後は1対1のガチファイトです。三段引きとも称されるマダイの引きをうまくいなして楽しんでください。ファイトの基本はロッドを立てたり、寝かしたり、ポンピングなどをせずロッドとラインの角度が90度になるようにした状態でズリズリ巻いていってください。鯛が走れば巻くのをやめる、止まれば巻くといった感じで気長に巻き上げて下さい。

 また、書籍なんかにはあまり書かれていませんが、私がよく行く船の船長に教わったのは、最初からドラグをズルズルにしておいて、魚が走ろうが、止まろうが、一定の速度で巻き続けるような釣り方も初心者にはオススメだと言ってました。私も最初はこの手法で釣りをしていましたが、何も考えずに巻くだけなので楽です、笑。

Page top icon