鯛のいるタナを探そう!!

鯛ラバのタナ

 鯛ラバに限らず、他の釣りでも重要になるのがこのタナ取りです。鯛のいる層で釣りをしないと何も始まりません。基本的には船長の指示に従っておけばまず間違いはありません。船長の言うことを無視するメリットは全然ありませんよ!!

 鯛ラバ専門で出ている船であれば、底から何巻き付近と指示がある場合もありますし、そうでない場合は何m付近と指示が出る場合もあります。いずれにせよ、このタナ探しが早ければ早いほど、鯛ゲットに近づくことができます。

鯛ラバの狙い目のタナは底付近が基本

鯛ラバは底付近  私は何度も鯛ラバに行っていますが、どの釣りをとってみても、基本は底付近であることが多いです。鯛ラバの基本動作はまず鯛ラバを着底させて、そこからリトリーブを開始します。船長の指示が底付近だというのであれば、私の場合、リールのハンドルで数えて10巻き以内を目安にしています。
(※リールの番数や性能にもよりますが、1巻き80cmとして底から8m前後)

 ちなみに鯛ラバの本なんかを見ていると5~8巻きと書かれていることが多いですね。上の書き方でも分かるとおり、大抵の場合でリールの巻き数でタナが語られる世界ですので、自分のリールの1巻きの長さを把握しておくことが大切ですよ。

活性が上がってくると中層付近にも

鯛ラバは中層で釣れることもある  マダイの活性が上がってくると、底から中層付近まで幅広くアタリが出るようになることもあります。こうなると巻き上げられる幅が広がります(=アピールできる距離が広くなる)ので、かなり釣りやすくなります。

 但し、活性が低い状態で幅広くマダイが点在しているときはかなり苦労することがあります。できるだけ高活性のマダイが集まっているタナに鯛ラバを入れたいですね。

タナを外すとどうなるの?

真鯛は遠すぎると食いに来てくれない  船長の指示を守っていても釣れないことが当然あります。こうなってくると、船長の指示、間違ってんじゃない??とかやる気のあるマダイは違うところじゃないの??なんて思ってしまいます。

 しかし、マダイの性格からすると、タナから外れているものは、まず食いに来てくれません。タナ違いというのはそれほど致命的です。他魚が釣れることはあるかもしれませんが、マダイを狙っているのであれば、タナを外すことは時間の無駄になりますのでやめておきましょう。

Page top icon