鯛ラバの形状や素材やカラーを分析

 色々な形状、素材、カラーリングをしている鯛ラバが販売されています。では、一体どういうときにどれが有効なのかを独断と偏見を含めて調べてみました。このページで私が書いていることは、私個人の意見なので独断と偏見に満ちていますのでご注意のほどを・・・苦笑。鯛ラバを選ぶ際の1つの基準にしてくだされば幸いです、笑。

鯛ラバのヘッド形状

 鯛ラバのヘッド形状はまん丸のものや三角っぽいもの、三日月のような形のものまで、色々存在しています。実際の釣り場でヘッド形状が違うことによってそれほど差が出ているようには感じませんがやはりある程度の法則があるものだと個人的には思っています。以下は私が勝手に想像している感覚的なものです。

  • まん丸のもの:水の抵抗が少なく、フォールスピードが早め
  • 三角っぽいもの:水を切って進むのでスカートへのアクションが少ない?
  • 三日月形のもの:ヒラヒラとフォールが遅く、アクションもやや派手?

 また、ヘッドに受ける光の影響で魚への見え方も変化しているものと思います。目立った方が良いのか、悪いのかを判断しながら鯛ラバを選ぶのも面白いと思います。

鯛ラバの素材

 鯛ラバの素材によって同じウエイトでもシルエットを細く見せたりすることができます。価格は張りますが、タングステン素材のものは同じウエイトの鯛ラバであれば1周りスリムなシルエットを演出することが可能です。特に潮が早い時は当然ですが、マダイのアベレージサイズが小さい時にもタングステン素材は有効です。

 では、逆に鉛のメリットというとシルエットが大きいため視認性がよく、水流をしっかり受けるのでスカートへの水流も大きくなると思います。活性が高いときは鉛の方が良いように思います。

鯛ラバのカラーリング

 個人的に私が外せないカラーというものを紹介しています。必ず持っていくカラーはオレンジ系、赤系、チャート系の3種類です。後は好みで適当に買っていますが、この3種類の色だけはロストしても大丈夫なようにそれなりにストックを用意していってます。

Page top icon